電気自動車充電について


 2018年頃から、本格的に電気自動車時代の到来を肌で感じ始めました。世界に目を向けると、Tesla(テスラ)社がEV業界のパイオニアとして牽引をし、世界シェアNo.1の業績を残し、一歩リードしております。日本では、日産リーフが登場し、日本でもEVに対する認知度が上がってきました。弊社は、いち早く、EVの住環境に注目し、充電設備の工事に従事して参りました。テスラ社の充電設備は、テスラ社オリジナルであり、施工、契約電力の見直し等、気をつけなければならない事が多くあります。弊社は自社で、テスラ社のmodelSを購入して、様々な住環境や、ライフスタイルに至るまで検証いたしました。その経験から、他の電気事業者とは違う、実績に基づいたご提案が出来ます。

 

ウォールコネクター設置工事で弊社が選ばれる理由は、こちら

 

弊社は、テスラオフィシャルの推奨業者です。ウォールコネクター設置のお客様は、こちら

 


テスラ

Tesla(テスラ)社製の自宅用充電設備(ウォールコネクター)の施行および、施行に際しての注意点は、こちら。

家庭用EV充電

日産リーフを代表とする、200Vの家庭用充電コンセントや設備については、こちら。

住宅電気工事

新築はもちろん、既存住宅における各種電気工事は、こちら。


おすすめトピックス


専用支柱

ウォールコネクターを設置する為の専用支柱を、作ってしまいました。

電力自由化

電力が自由化になり、電力会社の選択肢が増えました。まだまだ見直していない家庭が多いですが、思っている以上に節約になる場合が多いので、面倒くさがらずに見直しをしましょう。弊社は、最適なプランをご提案いたします。

テスラを家庭で最速充電

テスラをウォールコネクターで充電する場合、必ず問題になってくるのが、契約電力プランと、テスラ充電に回す、電力量です。これが上手くいかないと、ブレーカーが落ちてしまい、日々の生活がままなりません。弊社は、最適な方法がご提案できます。

テスラで遠出

テスラに乗り換えて、一番最初に遠出をする時に気になるのが、電欠と出先での充電です。一体どこまでいけるのでしょうか?

ETC2.0の恩恵

テスラが誇る、充電設備、スーパーチャージャーですが、この施設がある場所が、高速道路を降りてすぐの場所にあることが多いんです。でも、途中で高速を降りると高速道路料金の割引が変わってしまい、割高になってしまいます。そこでETC2.0の恩恵を肌に感じるのです。